創作と趣味のサイト 悠遊夢想
創作作品
超常系 作品
UFO 撮影記録
奥山生 活
電子本 お知らせ

1992〜2003 1982〜2015
1993〜2005
2009〜
(ぜ んぶ無 料)
ブログを独自ドメイン に
移行しました

異 界探偵Okund の
(トンデモ)謎解き日記


童話 超常仮説
珍しい形のUFO
猫の映像集
童話・物語

さつまい もと芋虫 超宇宙の仕組み
モデル概念(旧稿)

お銀が縁の 下
でお産
狸の子預け リンクは各ページ自由ですが、
無断転載流用はお断りします。

オク トの森の物語 死 の科学(旧稿02) 虫型UFOもいる
ミツバチの
手荒いご挨拶
たまとしてうまれ




奥人

たまと してうまれ UFO撮影同道記 オーブは心霊系UFOか 子猫三姉妹
ブーフーウー来る
たつえばあさん
た つえおばあさん スカイフィッ シュ研究 サイコロ型UFOと
白球UFO
ブーはいま が旬
オクトの森の物語
狸 の子預け 超宇宙の仕組み
モデル概念(最新稿)

ルシファーの教理
魔法使いか矢印か
ブーフー ウー
星の子
ト マトを食った鶏 古代日本
謎の中東思想渡来考

(古代日本にカバラが来ていた)
三角UFOと白球UFO
紐一本で けっこう
遊んでます
はつの祖母の思い出

送り オオカミ 高御位山と
ウシトラノコンシン・ロマン
回転三角UFO
はじめての 屋外
幽霊船



膝に抱かれる
ウー・ナオミ




幽 霊船 神世政変の真 実
神世は宇宙人の侵略に
遭っていた
同上1   同上 2 
子猫とミツ バチ
やまんばの歌

死 せる父、夢枕に
神戸 上空大量白球
UFO
フー紙切れ に遊ばれる トマトを食らったニワト リ

は つの祖母(前) 超常映 像 石の宝殿・竜山の
龍と玉
パンころが し
送りオオカミ

は つの祖母(後) 神戸市西区 神出町上空UFO 同 上1  同上 2
ウー軽く囲 いを
よじ登る
科学の最先端
ホーム レス讃歌 8機の白球 UFOとジャンボ 擬態UFOと
時間の狭間のUFO
密林猫
異聞・酒呑童子


現代は個々がホルスに
目覚めるときという

てへっ、いい歳こいて
ガッチャマン・ホルスに
目覚めちゃった

星の子 六甲山を飛 ぶ天狗系UFO1 同上
肩の上で眠 るフー 宝物のいっぱいあったこ ろ

物語 六甲山を飛 ぶ天狗系UFO2 変わり 種UFO
サッカーと 格闘技の
練習


山姥の歌1 蘇った大蟻 空飛ぶシャチ (マカラ)
零下の朝に
三匹を出す
物語・天上人の宴
シリーズ

山姥の歌2 マムシVS 漫ブーす 尻尾を巻いた マカラ
イエロー ファット猫
ブーここまで回復
天上人の宴・第一話
はげ山の祝賀会

酒 呑童子伝1 壁鳴き・壁 の中から声がする 三つ目マカラ
密林の三匹
天上人の宴・第二話
船魂の怪奇

酒 呑童子伝2 壁鳴き・ま だまだ続く 小 富士山の
スカイフィッシュ
雪の朝の三 匹
天上人の宴・第三話
原人の大腿骨の怪
審判の場に立ち合うホルスホ ルスの役割は
最後の審判の日に
最高潮に達する
太陽神として
隠れなきフラッシュ
ショットを配給し
神々とて例外なく
全ての魂を審判の
法廷に引き据える


天上人の宴1 壁鳴き原因 か・きのこ舞台 キリスト系白 球UFO
三匹の室内 サッカー
天上人の宴・第四話
変幻虻蚊の怪(前)

天上人の宴2 2010年 この夏初の壁鳴き 同上
屋根の上の 三匹
天上人の宴・第五話
変幻虻蚊の怪(後)

天上人の宴3 2013年 夏の壁鳴き始まる ダイヤ型UFO
仲良し兄弟
天上人の宴・第六話
殺露栖星の怪(1)

天上人の宴4 スクナビコ ナ君の警告だった
爾来、壁鳴きがやむ
龍の子を目 撃
あーすっき りすっきり
天上人の宴・第七話
殺露栖星の怪(2)

天上人の宴5 2014年夏の壁鳴き
スクナビコナ星人を指摘
以来、壁鳴きはやむ
同上検証 写真が
撮られる
5月8日の 三匹の空
天上人の宴・第八話
殺露栖星の怪(3)

天上人の宴6 2015年夏の壁鳴き
去年いびりすぎたせいか
今年は様子見して去りました

ブーメラン型 UFOは
天狗なのか?
顔の腫れた ウー
天上人の宴・第九話
殺露栖星の怪(4)

天上人の宴7

トカゲ相手 に
狩りの練習
天上人の宴・第十話
殺露栖星の怪(5)

天上人の宴8
マスコミ報道
夢見のよそ 猫帰順する
未明に夢見て朝に早速か?
天上人の宴・番外篇
爺絶倒星見聞






新神話
2000年からの経過
 
メルヘンとのシンクロ

白蛇伝とのシンクロ

白蛇、青蛇、許仙

御伽草子とのシンクロ
浦の嶋子、梵天国、
毘沙門の本地


日本神話とのシンクロ
奥津嶋姫、天の穂日
豊玉姫、山幸彦

ガッチャマンとのシンクロ
タツとトリの共演
バードラン、朱雀、火の鳥
    C Suzaku Firebird 



ホ ルスの目覚め

( ^)o(^ ) キラーン


[キャッチコピー]

ホルスはおるすよ
お留守じゃなかとよ
ここにおるすよ


ガッチャマン・ホルス








ホルスの父オシリスは
弟神セトによって倒され
遺体がバラバラにされて
地中に隠されました。
オシリスの妻イシスは
その断片を探し出し
繋ぎ合わせたものの
一部が見つからず
オシリスは復帰叶わず
冥界の王に留まったとか。
|
 <-----------            

天上人の宴9

100 年後の超偉人伝
マムシVS 漫ブーす


天上人の宴10
スカイフィッシュの
謎を追う
よそ猫石松 の忠義

ス カイフィッシュの日

今 日は何の日
UFOの日
おなかの膨 れたウー
と瞑想するフー
創作物語
新神話シリーズ

科学の最先端1

アッコのシャチ報道
ウー、お銀 に
襲われ破水する
新神話

科学の最先端2

六甲山はスカイ
フィッシュの巣窟だ
なき人の視 座
新神話に付帯する逸話

ホ ラー世間の空隙

Gの嵐ロケ中に
多数のUFOが出現
20人ほどのみんなで目撃
にゃふらっ く
鵺は鳴くなる
ももたろう伝説1


母猫子猫の
育児の近況
弥勒下生に関わる話
ももたろう伝説2

メールマガジン
母猫ウーの
育児奮闘

奥人のUFO体験
ももたろう伝説3

紹介号   創 刊号
子猫三匹の
無邪気な時間
夢見超常体験記
ももたろう伝説4

第2号   第 3号
満1か月の
子猫の様子


ももたろう伝説5

第4号   第5号 猫たちの近 況


ももたろう伝説6

第6号  第7号 子猫たちも うすぐ
生後2か月
仮説論文
ももたろう伝説7

第8号   第 9号 子猫たちも うすぐ
生後3か月
超宇宙の仕組モデル概念

8〜工事中

第 10号  第11号 猫がネズミ を招待
古代日本に
カバラが来ていた

も もたろう伝説終章

第 12号  第13号 アマガエル と子猫 高御位山と
ウシトラノコンシン・ロマン


遥 野不思議紀行


第 14号  第15号 今度はネズ ミ
神世政変の真 実


第 16号   生後3か月 超えても
まだ授乳



峰 桜


屋上点呼
参考情報

いま宇宙情報開示で
いちばん最先端を行く
コーリー・ グッド情報
 ホットな話題です。 
左記の記事は本家の記事の
邦訳文章だけを集めたものに
なっています。用語検索等に
ご利用ください。

新聞紙


トイレに入 ると
干渉する猫
コーリー・グッドの
コズミックディスクロージャー


三ツ橋

読者目撃情報
PCのコード無残


海の 日に寄せて

A001   A002   A003 みんな元気



八月・ 緑の恩恵

A004   A005   A006 笑う猫ウー



宝物の いっぱいあった頃

A007   A008   A009 猫とミツバチ






A010   A011   A012 春一番猫一家


短歌

A013   A014   A015 みんな仲良く元気です


第一集

A016   A017   A018 屋上の元気たち


第二 集 新神話・カナメ
になる二つのこと
A019   A020    トイレ用プランター






屋根の上の集会



珍 し写真

その他UFO写真集
シャンよく 食べる



瑞雲

昔 のビデオ映像から
5mm禿 作ったブー
放射能のせい?



鬼面雲

フ ライングヒューマノイド
夢のよそ猫襲撃が
現実に起こる



虹雲

六甲山の夜美女
DTM音楽
六甲UFO喫茶もいかが?
2011.6.19 のスタッフ



聖 火

天狗系UFOの怪
ソルフェジ オ528番
に猫たちご満悦






森の目
猫太り尿線細り
秋となり



謎探険記事

インベーダー1
トンすずめ を持ち帰る



丹後の北斗七星
インベーダー2
外暮らしの ブー
甘えて膝乗り



神 戸の北斗七星
ハク
(ニギハヤミコハクヌシ)
トンチン ウー



丹後依遅ヶ尾伝承
お宝UFOの山(一部)
トンバレ



丹後元伊勢伝承
S氏またも怪獣系を撮 る
いっしょに 歌う猫
シャン



日 本のピラミッド?
古法華・謎のUFOは
レジェンドだった
ぐうたらす る猫チン



播磨のミステリー
サークル


ウーもおね だり



苗木 ゾロアスター遺跡

ウー膝乗り



畿内 の五芒星形

松の木にキ ツツキ
飛んでウー興味







白猫だけ集 まりました



DTM 



チン最期の凱旋
還らぬ猫となりました



ご 当地UFOソング

白猫2匹 になりました
+ 黒猫1匹



六甲UFO喫茶






ア ラディア














 

Copyright(C)2014- Okuhito Morino all rights are reserved.